AGA対策には育毛にプラスになる多面的アプローチが必要

AGAと呼ばれる男性型脱毛症には、多面的な育毛アプローチが必要です。AGAは生活習慣などから起こる薄毛とは原因が異なっているからです。円形脱毛症のような症状とも違います。

AGAは、遺伝性の体質が深く関わっており、薄毛になりやすい体質を引き継いでいるところ大きな原因があると考えられています。そのような強力な薄毛の進行を防止するためには、育毛剤の使用は欠かせないものの一つです。

現在では様々な成分を含む多種多様な育毛剤が開発され、手に入れることができます。自然成分を使用しているものや化学成分を使用しているものなど、多岐に渡ります。

現在のところ発毛効果が臨床実験で認められており、発毛剤と唯一呼べるものはミノキシジルの入った育毛剤になります。

ミノキシジル成分を含んだ育毛剤は多くの国で販売されており、濃度も様々です。国内ではミノキシジル1%と5%濃度のものが販売されています。

ミノキシジル以外でも、育毛メーカーが独自の成分を使用したり、育毛に効果的な各種成分を配合し相乗効果を狙ったりするなど、幅広い育毛剤があります。

その中から自分の頭皮や体質に合うものを使用し、しばらく継続的につけてみることで効果の有無を判断していくといいでしょう。

また、育毛剤や発毛剤をつけていればそれで大丈夫というわけではありません。AGAの強力な薄毛進行作用を止めるためには、色々な角度から育毛に取り組むことが必要です。

生活習慣の改善もその一つです。普段口にする食べ物が、頭皮の健康や髪の生成の元になっています。

たんぱく質、ビタミン類、ミネラルなど髪の成長に欠かせない栄養素があります。それらをバランスよく摂取することが大切です。

油っこい食べ物の偏食など、バランスを欠いた食事は育毛の妨げになります。特定のものではなく、幅広く色々な食べ物を摂取してバランスを心がけることが髪に必要な栄養を過不足なく摂取するポイントです。

色々なものを食べるということは、大食するという意味ではありません。カロリー過多は体の不調をもたらし、髪の成長にもマイナスになります。

もちろん限度を超えた過剰なダイエットも栄養不足に陥るため、髪にとって良くないことです。
ここでもバランスが大切です。

そして精神面も意識しておきたいポイントです。過度なストレスは髪の成長の阻害要因になります。

特に薄毛を気にする人は他人の視線を気にしがちで、そのことがいっそうのストレスを感じさせる要因になっている場合があります。正しい生活習慣で体の調子を取り戻せば、精神面にも良い影響が出ます。

育毛剤も自分自身が気に入っているものを使用すれば、それだけで安心感があります。精神面からのアプローチも考え、総合的にAGA対策を行っていくことが育毛効果を上げることにつながっていきます。