仮想通貨の代表的な銘柄の説明や取引所と販売所の違いについて

仮想通貨のすべて
日本ではまだまだ認知されていない仮想通貨ですが、海外では仮想通貨で取引することはメジャーです。

仮想通貨投資を行う人は、ビットコインなどの仮想通貨の仕組みを主にしている人もいますが、仮想通貨の価値が上がることで利益がでて、儲けるという主眼を置いている人も多くいます。

仮想通貨の種類は多くあります。メジャーなところで「ビットコイン」や「ビットコインキャッシュ」、「イーサリアム」などがあります。他にも日本が開発した通貨や取引所が独自で開発した仮想通貨などもあります。

世界で最初に誕生した仮想通貨が「ビットコイン」です。ナカモトサトシという学者が、論文を基に設計されており、システムの根幹はブロックチェーンです。

ビットコインはブロックチェーンに通貨の情報だけを取り入れた純粋な仮想通貨であり、ビットコイン以外の仮想通貨の取引には必ずビットコインを経由します。

世界2位のシェアを持つ仮想通貨が「イーサリアム」です。イーサリアムは2大仮想通貨の1つです。

先程説明したビットコインは純粋に通貨だけを扱う仮想通貨なのですが、イーサリアムは証券や先物、不動産、さらに契約情報もブロックチェーンに保存できるようになっています。幅広く使用されているため、今後の普及が期待されている通貨の1つです。

仮想通貨を初めて取引する人は「どこで買えばいいのか」「取引所と販売所があるけどどっちで買えばいいのか」わからない人が多くいます。

確かに、日本で取引量が多いと言われている取引所である「ビットフライヤー」は、取引所と販売所があります。

簡単に説明しますと、取引所は「個人間で仮想通貨を売買する所」で販売所は「ビットフライヤーから仮想通貨を売買する所」です。なので、どちらでも仮想通貨を買ったり、売ったりすることができます。

どちらかというとビットフライヤーから購入する販売所の仮想通貨より個人間購入する取引所の仮想通貨の方が安い価格で取引することができます。

手数料も販売所より取引所の方が安いので、仮想通貨を取引するのが初めての初心者は、取引所で仮想通貨を取引する方が良いでしょう。