高換金率でクレカ現金化!アマギフ買取業者の特徴と利用の際の注意点

クレジットカード現金化をするひとつの方法として、アマゾンギフト券の売買があります。アマゾンには色々な商品があり、そのギフト券はほとんど現金と同等の価値を持つといえますが、それではどのようにして売買すればいいのかというと、いちばん楽なのは業者に買取を依頼することです。

この記事ではそれらの業者の特徴と、利用する際の注意点をご紹介いたします。

アマギフ買取業者の特徴と利用の際の注意点

アマゾンギフト券を売る
アマゾンギフト券を売るなら、専門業者に依頼すると確実です。

クレジットカード現金化業者は多数ありますが、アマゾンギフト券の売買を行う業者もたくさんあります。後者は必ずしもカードの現金化を謳っているわけではないのですが、換金率表などを掲載していることなどからも、それを意識していることは明白です。

そしてこの手の業者の換金率は、一般に、クレジットカード現金化業者のそれよりも高いものとなっています。なぜなら、取り扱う商品が、現金とほぼ同等の価値を持つものであるからです。

それらの業者を利用するときには、いくつか注意すべきことがあります。ひとつは、そのギフト券の形態や有効期限によって換金率が変わることもある、ということ。もうひとつは、買取申請を行ってから購入したものでないと、買い取ってもらえないことがあるということです。

アマゾンギフト券には、Eメールタイプ、カードタイプ、印刷タイプの3つがあります。厳密にはこれ以外にもいくつかあるのですが、それはここでは考慮しないことにします。

最も高い値段がつくのは、基本的にはEメールタイプです。カード・印刷タイプだと換金率が落ちることもあります。ただしアマゾンギフト券はギフト券番号さえあれば使用できるため、換金率に差を設けていない会社もあります。

また、アマゾンギフト券には有効期限があります。発行したばかりのものと、有効期限があと1週間しかないものとでは、前者のほうが高い値段がつくのは当然のことと言えるでしょう。

次に、買取申請について。業者の一部は、買取申請を行ってから、アマゾンギフト券を購入するよう指示しています。

それはなぜかというと、前述のようにアマゾンギフト券には有効期限があるからです。期限切れ目前のギフト券を掴まされないようにするための策でしょう。

この手の業者では、ギフト券の送付先を会社のアドレスに指定するよう要請していることが大半です。つまりあなたがギフト券番号を見ることはない、ということですね。

この手のルールについては、業者のHPの換金率表や利用規約、注意事項等に記載されていますので、申込みの前に必ず確認するようにしましょう。ギフト券を購入してから業者を探すのはやめたほうがいいですね。